2009年06月23日

皆既日食とは?



皆既日食とは?

簡単に言えば、太陽と地球の間に月が入って太陽を隠してしまうことですね。

この現象を『日食』といい、見え方によって「皆既日食」、「金環日食」、「部分日食」に分かれます。

今回、日本では46年ぶりと話題になっているのは完全に太陽が月に覆い隠される現象である「皆既日食」で大変珍しい天体現象なのです。

日本で皆既日食が見られるのは、
鹿児島県十島村(トカラ列島)の悪石島付近を中心に
・北限…屋久島の北部と種子島の南部、
・南限…奄美大島奄美市名瀬付近 だということです。

ちょっと遠いですね(~_~)

でも、大丈夫!!

日本国内どこでも部分日食を見ることはできます。


「部分日食」は、皆既日食とは違い、極端に暗くなることはないそうですが、普段の木漏れ日が三日月型に変わる神秘的な現象が見られるそうです。
気温も1.2度低くなるらしいです(^^♪


皆既日食を楽しむグッズはこちら



ラベル:皆既日食 映像
posted by kaikinissyoku at 09:45| 皆既日食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月17日

46年ぶりの皆既日食



日本でなんと46年ぶりに皆既日食を見ることができます。

2009年7月22日

日本で一番長い時間。完全な皆既日食が見られるのは
鹿児島県の喜界島です。

皆既日食の日 喜びの世界という名前の島では、どのような光景が繰り広げられるのでしょう?

考えるだけでもワクワクしてきますね。

このブログでは、皆既日食に向けてのいろいろな情報を集めました。
ラベル:皆既日食 映像
posted by kaikinissyoku at 09:26| 皆既日食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
皆既日食 喜界島topへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。